PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

パンダスタジオのセキュリティ

USTREAM用のパンダスタジオhttp://www.kiban.jp/?page_id=2594)にセキュリティ対策が完了。セコムに加え、指紋認証付きの電子錠を設置しました。

スタッフの人数が増えてくると、通常の鍵では、だれかが鍵を失う度に、ドアノブを付け替え、合い鍵を作り直して、結構な費用がかかります。例えば、ドアノブ2カ所 2.5万円×2+合鍵3000円×2種類×15名=14万円の出費となります。

失った鍵だけを無効にする最新式のドアノブもありますが、管理が面倒であること、非常に効果なことから、導入を見送り、出入り口には、すべて電子錠をつけました。電子錠にすることで、下記のようなメリットを考えています。

  • 鍵の閉め忘れがない。(閉めると自動的に施錠される。)
  • 指紋認証後(開錠後)、放置すると、30秒で再度、自動施錠される。
  • 鍵穴が一切ないので、ピッキング対策が可能。
  • 鍵の紛失の心配がいらない。
  • 鍵の不正コピーを防ぐことができる。
  • 退職者の指紋認証を削除することでセキュリティが確保できる。
  • 出入り口、ゾーンにより指紋登録者を変え、セキュリティ区分を分けることが可能。
  • セキュリティがしっかりしているイメージがある。

私たちが取り付けた電子錠(指紋認証付き)は、ANSHIMON YCF-6201(http://www.shimon-ninsho.com/index.html)という製品です。詳しくは、Webサイトをごらんいただければ、説明が掲載されていますが、下記のような特徴があります。

  • ・あらゆるドアに対応するための補助錠タイプ
  • ・最大50名までのユーザー登録
  • ・IPX4の防水性能
  • ・破壊に強いアルミニウムダイキャスト
  • ・-40℃~60℃、湿度90%まで使用可能
  • ・指紋の読み取りは最先端の光学方式
  • ・指紋の薄くなったご年配の方にも読み取り可能

指紋認証付きの電子錠は、高価なイメージがありますが、取り付け工事費込みで、約6万円(http://www.691924.com/anshimon.html)あれば、取り付けが可能です。既存のドアに追加でつけることができますので、鍵の運用、セキュリティレベルの向上を目指す場合には、安価で便利な仕組みではないでしょうか。

すべての出入り口に指紋認証装置付きの電子錠を取り付けました

▲すべての出入り口に指紋認証装置付きの電子錠を取り付けました

電子錠(指紋認証tき)と、鍵の2重のセキュリティー担っています

▲電子錠(指紋認証tき)と、鍵の2重のセキュリティー担っています

電子錠(指紋認証付き)を裏から見たところ。ボタンを押すことで、電子錠が解除されます。

▲電子錠(指紋認証付き)を裏から見たところ。ボタンを押すことで、電子錠が解除されます。

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:西村正宏(にしむら まさひろ)

Print This Post Print This Post