PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

eラーニング導入こぼれ話【発展途上国】ネグロポンテの100ドルパソコン

キバンインターナショナルでは、eラーニングの活用事例をメールマガジンで配信していますが、このブログでもメルマガのバックナンバーを公開しています。今回は発展途上国のお話です。では、ご覧ください。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2010年9月29日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0006

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、
株式会社キバンインターナショナルの中村と申します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. 私たちは学習インフラとなる!
2. 『最高の学び』と『ノーベル平和賞』
3. 発展途上国での教育プロジェクト
4. ネグロポンテの100ドルパソコン
5. 世界中で平等に学ぶチャンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、9月24日に弊社のUstream配信設備が完備された『パンダスタジオ』にて開催されました『国際バカロレア会』にて弊社代表西村が行った講演『なぜeラーニングなのか?~最高の学びが戦争をなくす』をお届けいたします。

※『国際バカロレア会』とは、日本の教育を世界基準まで押し上げることを目的とした会です。

●多系統、フルハイビジョン中継へ

西村「本日は貴重なお時間を頂きましてありがとうございます。

(今は)このPCが配信されているんですね。

PCが同時に2系統入りますし、ビデオは6系統までつないで切り替えてUstreamができる。(編注:例えば、セミナーで講演者が話している映像と、パワーポイントの資料などを1画面内に同時に表示してUstream配信できます。)

今はスタンダードの画質ですけど、機材を上げる予定がありまして、すべてフルハイビジョンの中継がここからできるようになりますので、何か生中継で面白いことがしたいということがあれば自由に使って頂ければと思います。

●投資家の誘いを断り、作りたいものを作る

じゃあ、ちょっと前置きが長くなりましたけど、やりましょうか。

自己紹介と会社紹介、最終ゴールを伝えるのが一番分かり易いのかなあぁと思います。

eラーニングの最新動向がどうなっているかということと、事例ですね。

近い将来に起こることと、まとめ、を紹介したいと思います。

自己紹介ですけども、私、1971年生まれ、39歳になります。

27歳のときに創業して、実は、最初の会社を去年の12月に売却しました。

投資会社から非常にたくさんの投資話があったんですけれども、基本的に投資をしてもらってとか上場してとかより、お金を稼ぐ以前にやりたいことがたくさんあったんで、会社を2つに分けて、投資を受けたいチームと、自分たちでいいものを作りたいチームに分けて、これは2つ目の会社になります。

2つに分けた小さい方の会社を私が取ったんですね。

eラーニングをやるようになったきっかけとしては、私自身、ヒマさえあったら本を読んでいる、ヒマさえあったらeラーニングしている状態で、社会人になってから、結婚して2つ目の大学院に行って情報工学の修士号を取るというような形で、ヒマさえあったら本を読んだり勉強しています。

年間最低でも500冊くらいの読書はするような状態が続いています。

ですから、趣味が仕事になったに近いような状態です。

●キバンインターナショナル社名の由来は「インフラ」

で、社名のキバンなんですが、例えば、水をコップ一杯飲むのにいくら使ったかってほとんど意識しないし、例えばメールを1通送ったから今いくらお金かかったかってほとんど意識しないで使えるようになっている。

なので、将来的にeラーニングで1時間勉強したからっていくら使ったか全く気にしないで、日常の生活の中でガスとか、電気とか、メールとかと同じような、社会の基盤としてeラーニングが使ってもらえるような会社にしたいというところからキバンという名前にしました。

もうこれは創業当時から変わらない名前で、社会インフラになるようなものを作りたいと。

ちょうどコンピューターの真ん中になるものが基盤(マザーボード)だったのでキバンという社名にしました。

で、キバンという会社を売却するときに2つの会社に分けたので、キバンとキバンなんとかという名前にしないといけなかったのでインターナショナルとつけて分割しました。

●世界に向けて多言語対応

世界中にeラーニングを提供しようということで、日本語と、英語と、中国語と、韓国語と4つの言葉でできる状態にしてあります。

(従業員は)4人1人が外国人ですね、システムは基本的に4つの言葉で作ると。

シェアを考えると全然小さいんですよ。9割は日本語のシステムで売ってるんですが、売れるとか売れないとか、儲かる儲からないではなくて全世界に対応しようということで、これに本当はスペイン語を足していかないといけないのかもしれませんが、世界中の人に提供したいとうことで4つの言葉で提供しています。

●2,700社への導入実績

で、今、幸いにして2,700社くらいeラーニングを導入頂いています。

中央官公庁では財務省、外務省、防衛賞、総務省、経済産業省と5つ入っています。

変わったところでいくと、JAXA(宇宙航空研究開発機構)っていうところが衛星を打ち上げるときに400社ぐらいの関係会社が衛星の開発に関わるということで、衛星の開発に関わる人全ての教育をやるということでJAXAなんかにも入っています。

●最高の学びとノーベル平和賞

で、2009年までは『eラーニングを全ての人に!』っていうことでやっていたんですけど、例えば、Ustreamで生でやりとりができるのはeラーニングなのかどうか。

たとえば電子書籍って学びの上で必要だなってときにeラーニングなのかが分からなかったので、2010年の展示会に合わせて『最高の学びを全ての人に!』とロゴの上につけているキャッチを変えています。

で、よく、全ての人に最高の学びってどういうイメージですかって、採用のときなんかに新人さんから聞かれるんですけど、会社の最終的なゴールのイメージとしては、ノーベル平和賞がもらえるような会社です。経済学賞でも物理学賞でも生物学でもなく。

または新しくノーベル教育賞っていうのができたらそれを取れる第一号になろうと。

教育を通してノーベル平和賞ってどういう意味ですかってよく聞かれるんですけど、小さな会社が教育を通して少しでも世界を変えられる可能性がある。

●発展途上国と教育

具体的にどういうことか。

ニュースなんかをみると小さな子供たちが銃を持ってテロに参加したり紛争に参加しているけれども、それは本当にいい学校があってそれに没頭できるような教育が提供されていれば、わざわざ銃を持って戦争に参加するハズはない。

人間の本能として例えば、食べるとか、寝るとかいうのと一緒で、学びは本能の中に入っていて、それは争いなんかよりも大きな欲望のはずで、きっと最高の学びを提供すれば世界は平和になるだろうと。

で、具体的なイメージとしては、今テレビなんかでもやっている発展途上国に学校を作るプロジェクトがあると。

でも、テレビで放映されているのは、学校をつくるところまでしか放送がされていない。

その中でじゃあどういう教育がされているんだろうといったときに、教科書をそこに送るだけでも足りないし、そこに教育を受けていない先生が立つことは素晴らしい教育を提供することではない。

出来上がったこういうキレイな教室で、本当に子供たちが最高の教育ができるかどうかってことが大切だろうと。

●ネグロポンテの100ドルパソコン

じゃあ、大人たちが教育を受けてないのにどうやって最高の教育を受けるんだろうと考えたときに、アメリカのネグロポンテというマサチューセッツの大学の先生が(提案した)、これ、ハンドルがついていて、ハンドルを回せば電気がおきるんですね。

電気がないところでも使えるし、WiMAXのアンテナがついていて、電話がきていないところでもインターネットがつながると。

で、これ100ドルのパソコンなんですけれども、発展途上国で誰かが200ドルで買うと、100ドルのパソコンが発展途上国にプレゼントされるということで世界中の発展途上国の人たちに、100ドルパソコンがプレゼントされるっていうことが実際に起こってるんですね。

たったひとりのネグロポンテという人の発案で電気もない電話もない状況でインターネットを利用して子供たちが情報を得ることができるようになってきているんですね。

●世界中で平等に学ぶチャンス

でもネグロポンテが提唱したのは、「全ての人にパソコンを」ではないんですよ。「全ての子供に教育を」っていうことで始めたんですね。

でも、世界中の人が、世界中の人にPCをと勘違いしてしまって、コンテンツ、どういう教育をしていくかということがまったくなおざりにされている。

であれば、私たちがせっかくこういった端末で世界で平等に学ぶチャンスができてきてるんだから、その中で最高のコンテンツ、最高の学びが得られるようにするにはどうしたらいいかを考えて最終ゴールとしては世界中の子供たちに世界中の大人たちが最高の学びというものを平等に学べるようなそういうことを考えてプログラムを作っていこうということでやってます。

本当に学びが楽しいって事が分かったらけして大人も子供も争いごとに熱中しないだろうと。

最高の学びを誰でもできるにはどうしたらいいかを徹底的に考えていこうというのが私たちの会社の思いであったり、社名に込めた思いなんですね。

多言語対応。最高の学びを全ての人への理念のもと開発されました
●i-phone、i-pad、PC、ブラウザを選ばず学習できる
LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/?arigatou20100928

●高画質・広告なし・会員限定・課金機能・twitter付ライブ配信
『ナマチューケー』・・・19,950円/月(税込)~
Ustreamでのライブ配信を自在に使いこなすシステム。
50ユーザーまで無料。お試しご利用はこちらからどうぞ。
http://ustreamer.jp/?arigatou20100928

(次回へ続く)

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社のUstream配信設備完備の『パンダスタジオ』。

白と黒2つのスタジオがあること、パンダが好きであることから
命名されました。

今回、動画からだいぶ編集してメルマガにしましたので、どんなスタジオか、どんなことができるのか、映像で詳しくご覧くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:西村正宏(にしむら まさひろ)

Print This Post Print This Post