PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

Presonus ミキサーをiPadからMac経由でコントロールするための設定

Presonus社デジタル・オーディオ・ミキサー 16.0.2 / 16.4.2はMac(PC)とミキサーをFireWireケーブルでつなぎ、Virtual StudioLive(VSL)というソフトウェアをWindows/Macにインストールすることで、PCからのリモートコントロールを可能にします。

VSL

”Virtual StudioLive(VSL)ソフトウェアは、StudioLive専用にデザインされており、コンピューターとStudioLiveファミリーとの双方向コントロールを実現します。Virtual StudioLiveがインストールされたコンピューターとStudioLiveをFireWireで接続するだけで設定は完了。チャンネル、Auxセンド、メイン・レベル、Fat Channel、エフェクト、グラフィックEQなど、ミキサーの各パラメーターをコンピューターのディスプレイで視覚的に確認しながらコントロールすることができます。”

さらに無償提供されるSL Remote for iPadほぼ全てのミキシング機能をiPadからリモート・コントロールが可能となります。
VSL iPad

 

iPadとMacを無線LANで繋いでSL Remote for iPadからVirtual StudioLiveを起動する

iPadとPCは無線LANの「アドホックモード」で接続する事でiPadからMac経由でミキサーコントロールを可能にします。

  1. メニューバーから無線LANアイコンをクリックします。
  2. メニューをプルダウンで開き、「ネットワークを作成」をクリックします。
    アドホックモードを作る1
  3. 新しく作成するネットワーク名を入れます。例では「Studio Live」と入れました。
  4. 「パスワードを要求」にチェックをいれて任意のパスワードを入れます。アドホックモードの設定
  5.  「OK」を押すとアドホックネットワークが準備されます。(扇形にコンピュータマーク)
  6. 続いてiPadのネットワークを設定します。
  7. iPadの「設定」アイコンをタップします。
    設定アイコン
  8. 「ネットワーク」-「WiFi」をタップします。
  9. 先ほど作成したネットワーク「Studio Live」がありますのでそれを選択します。 iPadネットワーク
  10. iPadからの接続にはMACのアドホックモードと同じIPアドレス範囲を設定しなければいけません。
    ですのでアアドホックに割り当てられたIPアドレスを確認します。
  11. MACの「システム環境設定」から「ネットーク」を参照します。
    IPアドレス確認
  12. この場合ですと、IPv4アドレスが169.254.165.185 、サブネットマスクが255.255.0.0となっていますのでiPad側もIPアドレスを169.254.165.*、サブネットマスク255.255.0.0に合わせなければいけません。
  13. ここではiPad側を169.254.165.2、サブネットマスク255.255.0.0に設定します。
    iPadの「設定」-「ネットワーク」-「WiFiネットワーク」の画面の「Studio Live」の横の「青い右矢印」をタップします。
    iPadネットワーク
  14. ネットワークの詳細設定画面になりますので、IPアドレスに192.254.165.2、サブネットマスク255.255.0.0、そして「自動接続」を「オン」にします。
  15. これでiPadとMacがアドホックモードで繋がりました。
  16. あとはiPadでSL Remoteソフトウェアを立ち上げればミキサーリモート画面が出るはずです。
※iPad SL Remoteのセッティングマニュアル(英語)
http://www.presonus.com/slremote/support/studiolive_remote_manual.pdf 

How to set up an iPad to control the PreSonus StudioLive

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:パンダスタジオWebMaster

Print This Post Print This Post