PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

PANDA STUDIOスターターキットのつなぎ方

ディスプレイ背面にポールマウントのネジが切ってあります。写真を参考にして、しっかりネジ止めします。

スピーカー台にディスプレイを取り付けます。ディスプレイ面に傷を付けないよう注意しましょう。

ディスプレイ側が重くなるので、倒れないように、スピーカー台の脚の向きに注意しましょう。

HDMIケーブルを用意します。スターターキットには、ビデオカメラに付属するHDMIケーブルと、単品のHDMIケーブルの2本があります。ここでは単品のHDMIケーブルを使用します。両端の端子を比べてみて、全く同じコネクタが付いているモノが、ディスプレイ接続用です。

PANDA CUBEのディスプレイ出力端子は2つあります。プライマリは左側上のHDMI出力です。左側下のHDMI出力(セカンダリ出力)は使いません。

ビデオカメラにはHDMIケーブルが付属しています。両端の端子を比べてみましょう。片端が小さいコネクタになっています。これがビデオカメラ接続用のHDMIケーブルです。小さいコネクタがmini HDMIで、ビデオカメラに接続する端子です。

小さいコネクタのmini HDMI側を、ビデオカメラの映像出力端子[Video Out]に接続します。
もう片方のHDMIコネクタは、PANDA CUBEのビデオキャプチャカード側につながれます。

ビデオカメラに接続したHDMIケーブルのもう一端を、PANDA CUBEのビデオキャプチャカードに接続しましょう。ビデオキャプチャカードIntensity Proには、アナログビデオ用のブレークアウトケーブルをつなぐコネクタ端子と、HDMI端子が2つ付いています。HDMI端子は、1つがビデオ入力用で、もう1つはビデオ出力用です。ビデオ入力用のHDMI端子は外側に付いた端子です。間違わないようにしましょう。

ワイヤレスキーボードの底面に電池を入れる蓋があります。この中に、PC側に取り付けるワイヤレスキーボードのUSB受信機が入っています。

ワイヤレスキーボードの底面からワイヤレスキーボードUSB受信機を取り出し、USB2.0端子に取り付けます。青いUSBコネクタはUSB3.0の端子ですので、間違わないようにしましょう。

ケーブルの接続が完了しました。スピーカー台の上にPANDA CUBEを配置し、その上にカメラを載せましょう。これでサードウェアセットアップが完了しました。さぁ、eラーニングコンテンツを作りましょう!

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:秋山 謙一

Print This Post Print This Post