PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

「LightWave Creator’s Summer Session 2012」秋葉原ジャイアントパンダスタジオで開催!(ディストーム)

株式会社ディストームは、LightWave 3D のトップ 3DCG クリエイターを招き、LightWave 3D を利用した 3DCG 制作フロー、業界の動向、ゲストクリエイターを取り巻く環境などを紹介するトークイベント「LightWave Creator’s Summer Session 2012」を、2012 年8月 31 日(金)に開催する。
詳しくは こちら 

「LightWave Creator's Summer Session 2012」

■ イベント概要

「LightWave Creator’s Summer Session 2012」
開催日     2012 年8月 31 日(金)
開催時間    開場   12:30
セミナー 13:00 ~ 18:00
懇親会  18:00 ~ 20:00
入場料     無料
着席観覧座席数:100 名
収容人数:約 150 名(要事前申込)
場所      ジャイアントパンダスタジオ(秋葉原)
〒102-0021 東京都千代田区外神田6丁目7番3号
セイコービル3階
http://pandastudio.tv/?page_id=11

■ タイムテーブル

13:00 ~ 13:45 LightWave 11 新機能紹介デモ(ディストーム)
14:00 ~ 15:00 LightWave によるアニメーション制作ワークフロー 制作事例(渡辺 哲也氏+ AIC)
15:00 ~ 15:20 FAQ &休憩
15:20 ~ 16:20 LightWave を使用したカット製作(鈴木 朗氏)
16:20 ~ 16:40 FAQ &休憩
16:40 ~ 17:40 LightWave を使用した力技テクニック(森田 修平監督+サンライズ)
17:40 ~ 18:00 FAQ &休憩
18:00 ~ 20:00 懇親会 ※軽食、ドリンク(一杯無料券付き)

■ ライブステージスケジュール

渡辺 哲也氏+AIC(株式会社アニメインターナショナルカンパニー)
「LightWave によるアニメーション制作ワークフロー 制作事例」

時間:14:00 ~ 15:00、15:00 ~ 15:20(FAQ &休憩)
内容:渡辺哲也氏にはテレビアニメ『ペルソナ4』映画『劇場版そらのおとしもの』などを題材にアニメの 3DCG 作成における LightWave 3D の具体的な使用事例、テクニックを紹介。また、AIC 制作のアニメーション作品を題材に、LightWave 3D の裏ワザテクニック、加えて、AIC における 3DCG アニメーションの制作環境、ワークフロー等についても紹介。

<登壇者>
渡辺 哲也氏(フリーランスの 3D ディレクター)
1993 年に LightWave 3D に出会い 3DCG クリエーターとして活動開始。自主制作アニメーションで受賞暦多数 2000 年からフリーランスで TV アニメーションなどの仕事を始める。『ペルソナ4』、『映画劇場版そらのおとしもの』、『新魂合体ゴーダンナー』、『ガンソード』,『コードギアス』,『あそびにいくヨ』など多数。現在は主に AIC 作品に 3D ディレクターとして活躍中。

井口 光隆氏(株式会社 AIC CG Director)
株式会社アニメインターナショナルカンパニー所属の 3DCG ディレクター。日本初の全編セルシェーディングフル 3DCGOVA『魔法遊戯』を制作以降、数多くの TV や映画アニメーション作品に参加 LightWave 3D は Ver4.x より使用。

加藤 友宜氏(株式会社 AIC デジタルラインプロデューサー)
2004 年に株式会社アニメインターナショナルカンパニー入社。撮影スタッフとして多くのアニメーション制作に携わる。撮影監督代表作『アマガミ SS』『放浪息子』等。現在はデジタル部門の管理を担いつつ、新たなワークフローに向けて奔走中。

鈴木 朗氏
「LightWave を使用したカット製作」

時間:15:20 ~ 16:20、16:20 ~ 16:40(FAQ &休憩)
内容:ゲーム PV を題材に製作過程やテクニックを紹介

<登壇者>
鈴木 朗氏(フリーランスクリエイター)
GONZOにて『青の6号』の3D 監督をしたのち独立、フリーランスで活動中。参加作品、TVアニメ『岩窟王』、劇場映画『イノセンス』、劇場版『仮面ライダー 555』、劇場映画『日本沈没』、TV ドラマ『MM9』、劇場映画『アサルトガールズ』、TV ドラマ『理想の息子』等。

森田 修平監督+サンライズ
「LightWave を使用した力技テクニック」

時間:16:40 ~ 17:40、17:40 ~ 18:00(FAQ &休憩)
内容:2012 年アヌシー国際アニメーション映画祭ノミネーション受賞映画『九十九』を題材に、森田監督+サンライズにより、普段の制作工程にて駆使されている LightWave 3D による力技テクニックを紹介。

<登壇者>
森田 修平氏(アニメーション監督)
1978 年生まれ。奈良県出身。2003 年に個人制作ユニット「YAMATOWORKS」を立ち上げ、第一弾作品として『KAKURENBO(2005 年 DVD 発売)』を発表。東京国際アニメフェア 2005 公募作品一般部門優秀作品賞、ファンタジア映画祭ショート映画部門金賞(カナダ)、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品賞など、国内外で高い評価を受ける。2006 年、日清カップヌードルとの CM、OVA 連動企画『FREEDOM-PROJECT』の OVA 監督に抜擢される。東京国際アニメフェア 2007 オリジナルビデオ部門優秀作品賞受賞など。2010 年、奈良を舞台とした SF ラブコメ『コイ☆セント』が劇場公開、2012 年最新作『九十九』がアヌシー国際アニメーション映画祭 2012 オフィシャルコンペに選出される。

坂本 隆輔氏(株式会社サンライズ)
2006 年~ 2008 年に、日清カップヌードルとの CM、OVA 連動企画『FREEDOM-PROJECT』に CG アニメーターとして CM、OVA 共に参加。以降、現在に至るまで、サンライズ荻窪スタジオで数々のアニメーション作品にリード CG アニメーター、CGI 監督などで参加。代表作品、『FREEDOM』、『ボトムズファインダー』、『コイセント』、『九十九』、『火要鎮』etc..

高山 清彦氏(株式会社サンライズ)
『スチームボーイ』をきっかけに、マネージメント業務としてサンライズに入社。

■ 懇親会

アーティストによるフリートークなど
ゲスト:うもと ゆーじ氏(ウサギ王株式会社)ほか

■ 備考

※セミナーの着席予約は、定員数(約 100 名)を超え次第終了となるが、着席予約終了後の予約は、立ち見観覧(約 50 名)まで受付を継続。なお、合計 150 名の満員になり次第、予約受付を終了する。
※本イベントは、セミナーの時間帯(13:00 ~ 17:40)について、インターネット放送によるライブストリーミング配信を予定している。なお、セミナーで紹介される一部の映像・音声等については、版権や著作の関係で配信できない場合あり。
※イベントの内容は予告なく変更となる場合がある。
※懇親会は、当日参加者なら、誰でも参加可能。また、懇親会は、軽食、ドリンク(一杯無料券付き)を用意しているが、ドリンク等の追加は有料制となる。

■ 事前登録について

本イベントについては、会場の座席数に限りがあり、セミナーの着席観覧予約は、定員数(約 100 名)を超え次第終了となるが、着席観覧予約終了後の予約は、立ち見観覧(約 50 名)となる。
なお、着席観覧予約をしても、開演時間の 13 時になっても不在の場合は、予約は無効となり、席の無い立ち見観覧者へ開放する。

事前登録ページは、こちら

■ 関連 URL

・「LightWave Creator’s Summer Session 2012」
http://www.dstorm.co.jp/event/LWCreatorsSummerSession2012
・株式会社ディストーム
http://www.dstorm.co.jp

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:西村正宏(にしむら まさひろ)

Print This Post Print This Post