PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

PANDA CUBEで背景を合成するためのクロマキー設定方法

ビデオショットの作成

別の映像を緑色の背景部分に合成する撮影をクロマキー撮影と言います。Wirecastで、緑色の部分を透明にするためには、ビデオショットの設定にあるクロマキー設定が必要になります。ビデオショットを追加してクロマキー設定をしましょう。まず、Wirecastのビデオカメラアイコンをクリックし、「Intensity Pro_1 ショットの追加」を選択します。

ビデオショットの作成

Intensity Proに接続されたビデオカメラのショット「Intensity Pro _1」が追加されます。このショットをダブルクリックしてみましょう。

クロマキーの設定

ダブルクリックすると、「Intensity Pro _1 – 編集中」ウィンドウが開きます。左側のソースには「Intensity Pro _1」のショットが追加されています。これからクロマキーの設定をしていきましょう。クロマキー属性の設定は、右から番目のアイコンで、人物シルエットのアイコンです。これをクリックします。

クロマキーの設定

クロマキー属性のパネルが開きます。「クロマキーを使用」チェックボックスをクリックして有効にします。スターターキットの照明がグリーンバックにしっかり当たっていれば、チェックボックスに有効にするだけで背景の緑色が抜け、透明であることを示すチェッカーパターンが見えます。

クロマキーの調整

クロマキーの抜け具合を調整する必要があれば、「キーの色をマウスで選択する」のチェックボックスを有効にします。グリーンバックの均一な緑色部分を、プレビュー内でクリックして指定するだけで、背景の抜け具合を調整できます。さらに、「キーのしきい値」「ブラッククリップ」「ホワイトクリップ」のスライドバーを操作して、最も良く背景から抜ける位置へと調整することもできます。これで、クロマキーの調整が終わりました。「Intensity Pro _1 – 編集中」ウィンドウを閉じます。

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:秋山 謙一

Print This Post Print This Post