PANDA STUDIOUstream配信、動画コンテンツ制作、eラーニング教材作成用レンタルスタジオ

ニュース&トピックス

【利用事例】TriCaster8000のCM利用例

最近はテレビCMでもバーチャルセットやクロマキー合成の利用にTriCasterが使われることが多くなってるようです。

こちらのスカパーCMのバーチャルセットシーンも、パンダスタジオの機材(TriCaster8000と業務用カメラ)とクロマキーバック完備スタジオをご指名いただき撮影が行われました。

TriCaster8000の特徴である

  • バーチャルカメラのパン、ズームが行えるほか、バーチャルカメラのアニメーション、パン、ズームのプリセットのカスタマイズが可能です。

の機能を使い、カメラが固定でありながらもスイッチャー側で自由に構図を作って収録を行う事ができました。

今回の撮影のメリットとしては

  • カメラマンがカメラ毎に着かなくても撮影可能
  • 大掛かりなスタジオセットを製作する必要が無い

ということで撮影に掛かる時間コストを大幅に削減しているという点だと思います。

撮影された映像はmov形式のフルハイビジョンmpeg2(100Mbps)なのでテレビ編集用素材としてのクオリティはも保たれております。

Zeebraがオススメ!スカパー!2月のドキュメンタリー

https://www.youtube.com/watch?v=geGVTBGAPfU

Zeebraがオススメするスカパー!2月の野球

https://www.youtube.com/watch?v=TOxf6b0QgbA

 

撮影に使用されたTriCaster8000とは

TriCaster8000

TriCaster 8000は、これまでフラッグシップモデルだったTriCaster 855と同じ4Uラックマウントのコンパクト筐体に番組制作に必要なスイッチャー、テロッパー、クロマキーヤー、バーチャルセット、ノンリニア編集などといった、高度な映像制作に必要な機能がすべて搭載されたライブスイッチング&ライブ配信用機材です。
TriCaster 8000は、これまでフラッグシップモデルだったTriCaster 855と同じ4Uラックコンポーネントを採用。外部10系統のビデオ入力、内部素材6系統に加え、8M/Eのミックス/エフェクトに対応しており、合計24系統を扱うことができます。専用コンソールは、Tバースイッチが機能に応じて色を変えるなど使いやすさを追求しています。

TriCaster8000

24ch Switcher(外部10ch、内部6ch、8M/E)
ライブカメラ入力 x 8ch
ネットワーク入力 x 2ch
DDR(デジタルディスクレコーダ) x 6ch
Graphic(デジタル素材) x 6ch
フレームバッファ x 9ch
バーチャルインプット x 8ch
-8つの映像入力と6つのDDR(デジタル)さらにネットワークを利用した2つのPC画面入力、タイトル、静止画、24のバーチャルセットなど、合計24チャンネル分の素材をリアルタイムにスイッチング
-ビデオ:4:4:4:4 32ビット浮動小数点演算処理、オーディオ:4ch 96kHz 32ビット浮動小数点演算処理
-1080/30p、1080/24p、1080/60i、1080/50iに加え、720/60p、720/50p、720/30p、720/25p、720/24p、480/60i、576/25iの信号入力をサポート
-4つのDSKチャンネルに加え、1M/Eごとに4つのレイヤーを重ねられ、それぞれ独立したトランジション、3Dポジショニング、クロップ、TransWarpエフェクトを追加可能
-AUX出力設定により、カメラ入力やDDRの映像素材など、プログラムアウトの映像以外の映像を8系統出力
-1080i 59.94の映像では50時間の映像収録が可能
-アルファチャンネル(Fill+Key信号)入力が可能なため、外部テロップシステムの出力信号をサポート
-ストリーミング設定のプリセット化
-マルチビットレートのストリーミング設定をサポート
-メディアプレーヤーに読み込まれたクリップごとのオーディオレベル設定
-Apple AirPlayのサポート。iOSデバイスからのビデオとオーディオの入力
-Windows PCやMacの画面入力(iVGA/ネットワーク経由)
-マルチモニターを利用したワークスペースのカスタマイズとモニター出力
-オーバーレイチャンネルには、3Dの回転や移動、スケーリングに加え、フェードイン、フェードアウト以外のアニメーション効果をつけることも可能
-DDR(デジタルディスクレコーダ)と、外部PC画面入力が各2チャンネル利用可能。
-サウンドプレーヤーの追加により、DDRとは別にバックグラウンドの音声やジングルなどの音声をコントロール可能
-IsoCorderテクノロジー:プログラムアウトを含め、8チャンネルの映像を同時収録
-オーディオ設定のグループ化と映像との同期
-リニアタイムコード(LTC)のサポート
-Animation Store:オーディオやアルファチャンネルを含んだフルカラーアニメーションのトランジション作成機能
-複数のフォーマットでのレコーディング(MPEG2、AVI、QuickTime、H.264)
-オーディオイコライザ、コンプレッサ/リミッター機能
-Apple ProResメディアファイルのインポート
-SATA III HDDホットスワップと増設

お問い合わせ先

パンダスタジオ(東京)では、TriCaster 8000ほか、TriCasterシリーズ全機種、パンダスタジオ(大阪)では、TriCaster40、455、8000をご覧いただき、実際に操作などを体験することができます。是非一度見学にお越しください。
東京での見学のお問い合わせはこちら(http://pandastudio.tv/?page_id=13)からどうぞ。
大阪での見学は株式会社フルフィル様へ直接お問い合わせください。

その他のお問い合わせ

株式会社キバンインターナショナル
http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800
E-MAIL:international@kiban.jp (担当:小林・西村)

株式会社フルフィル
http://www.fulfill.co.jp
TEL: 06-4708—7400 (担当:池田・田中)

 

「最高の学びをすべての人に!」株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jp
「最高の学びをすべての人に!」eラーニングポータルサイトhttp://elearning.co.jp
Ustream、ニコ生対応ハイビジョンスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv
E-mail : international@kiban.jp
担当:パンダスタジオWebMaster

Print This Post Print This Post